メニュー

ものもらい

まぶたの脂腺、まつ毛の根元の急性化膿性炎症を麦粒腫と言います。まぶたの内部に脂肪が貯留する霰粒腫も含めてものもらいと呼ばれます。地方によって「めいぼ」「めばちこ」とも呼ばれ、その多くは細菌感染が原因で、まぶたが赤く腫れて痛み、目が重い感じ、瞬きをすると痛いなどの症状があらわれます。

麦粒腫(ばくりゅうしゅ)

まぶたにあるマイボーム腺の炎症を内麦粒腫、まつ毛の根元の炎症を外麦粒腫と言います。外麦粒腫では、自然排膿してしまうことも多いですが、内麦粒腫では、自然排膿しにくく、より重症化しやすいです。

霰粒腫(さんりゅうしゅ)

まぶたにあるマイボーム腺の閉塞によりまぶたの内部に脂肪が貯留します。炎症を伴う場合は、赤く腫れ、痛みもありますが、炎症を伴わない場合は、まぶたにシコリが形成されます。

治療について

抗生物質や抗炎症剤の点眼や内服薬によって治療します。
また、化膿が悪化した場合には注射針による穿刺や切開による膿の排出を必要とする場合があります。

また、霰粒腫の場合は、まぶたを切開し内容物を取り除く事もあります。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME