メニュー

糖尿病網膜症

糖尿病により網膜(眼底にあるものを見るための膜)の毛細血管が障害されると、網膜に出血する、血流が悪くなるなどの変化が起こります。病気が進行すると網膜に新生血管が出現し、硝子体中に大きな出血を生じたり、網膜剥離を引き起こし失明することもあります。

治療について

糖尿病網膜症は糖尿病の合併症の一つですので、血糖値のコントロールが病気の進行を防ぐ有効な治療になります。また、レーザーによる治療や、観血的手術による治療もあります。

糖尿病網膜症は、病気が進行しても自覚症状がほとんどない場合があります。検査で異常が見られなかったからといって、定期的な検診を怠るケースがあります。その場合は、知らないうちに、かなり進行していることがあります。定期的な検診を受け、日々の健康管理をしっかりすることが最善の治療といえます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME