メニュー

加齢黄斑変性

加齢黄斑変性は、網膜の中心部分である黄斑(おうはん)部の機能が障害される疾患です。見ようとするところが見えにくくなる病気です。「滲出型(しんしゅつがた)」と「萎縮型(いしゅくがた)」があり、「滲出型」は、新生血管が発生し出血することで網膜に障害がおこるタイプの疾患です。進行が速く急激に視力が低下します。また、「萎縮型」は、網膜の細胞が加齢によって変性し、徐々に萎縮する疾患です。進行が穏やかなので気づかない人もいます。

発生の要因として

  • 加齢によるもの
  • 喫煙によるもの
  • 全身疾患によ るもの
    などがあげられます。

また、症状として

  • ものがゆがむ
  • 視力が低下する
  • 部分的に見えづらくなる
  • 視野の中心が見えづらい
    などがあげられます。

治療について

滲出型黄斑変性の場合は、抗VEGF薬を眼内に投与する方法や、光線力学的療法(PDT)などでおこないます。

発症予防のために、禁煙することも重要で、緑黄色野菜は、加齢黄斑変性の発症を抑えると考えられており、ビタミン、ルテインを含むサプリメントの内服も勧められています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME