メニュー

飛蚊症(ひぶんしょう)

視界の中に、蚊や糸くずのようなものが見える症状を飛蚊症(ひぶんしょう)と言います。

老化現象などが原因でまったく心配ないものであることが多いですが、重大な病気の前兆であることがあります。突然に症状が起きた場合や、症状が悪化する場合には、早めに、眼科を受診し、散瞳して(点眼にて瞳孔を開くこと)詳しく眼底を検査する必要があります。

後部硝子体はく離

目の中にある硝子体(しょうしたい)というゼリー状の物質が、年齢により少しずつ液体化していくと、硝子体の後ろの部分が、網膜からはがれます。はがれた硝子体の影が網膜に映って、輪っか状のものや雲のようなものが見えることもあり、飛蚊症の原因として最も多いものです。

網膜裂孔、網膜はく離

後部硝子体はく離が均一に起きずに、網膜の一部に裂け目ができる場合があります(網膜裂孔)。そのまま放置していると、網膜がはがれていく(網膜はく離)可能性があります。これらの場合には、通常レーザー治療や手術が必要になります。

硝子体出血

網膜の血管が破れ、硝子体の中に出血したもので、糖尿病、高血圧などがある方は、注意が必要です。

ぶどう膜炎

ウイルス感染や免疫異常などのさまざまな病気から硝子体の中に炎症性物質、細胞などがたまり飛蚊症を生じます。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME