メニュー

結膜炎

結膜炎は、まぶたの裏の瞼結膜と眼球の白目の表面を覆っている球結膜が炎症を起こす病気です。結膜炎は大きく分けて、細菌やウイルスなどによる感染性結膜炎とアレルギー性結膜炎があります。アレルギー性結膜炎は、花粉症などが有名ですが、最近ではダニやハウスダストやコンタクトレンズが引き起こすアレルギー性結膜炎も増加しています。

結膜炎は、下記の症状を引き起こします。

  • 目がかゆい、ゴロゴロする
  • 白目が赤くなる
  • 目やにが多くなる
  • 瞼(まぶた)が腫れる

治療

細菌性やウイルス性結膜炎の場合は、感染した細菌やウイルスにあった抗生物質や眼軟膏、消炎剤などの点眼薬を使用します。

アレルギー性結膜炎には、花粉など原因物質を避けることも重要ですが、抗アレルギー剤、重症の場合にはステロイドや免疫抑制剤の点眼薬を処方します。

コンタクトレンズによる結膜炎については、コンタクトレンズの変更などのアドバイスもいたします。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME